FC2ブログ
HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ゴルフへの想い・考え

どこかに貼り紙でもないとわからないのか?

腰が痛くて自分でゴルフが出来なくなったからこういう話を書く、というわけではありませんが、以前からすごく気になっていたことを宮里藍プロが公言してくれて嬉しかった^^


藍がファンに“苦言”
http://www.nikkansports.com/sports/golf/news/p-sp-tp1-20091013-554939.html
nikkansports.comより引用)



昨日は腰痛なので寝ておかなくちゃいけない、でもただ寝転がっているのも何なので、カミさんに若を買い物へ連れ出してもらって、自分は「サン・クロレラクラシック」の録画を見ていました。


首位を石川遼とB.ジョーンズが争う白熱したゲーム。
終盤の勝負を左右するパットの場面でジョーンズがパット外した時、拍手してるバカがテレビの画面でも無視できない人数いました。
しかもそのほとんどがいい歳コイた大人。
見てるこっちが一気に冷めました…。


録画を見ているだけでも同じ日本人として恥ずかしかった。
インタビューで優勝した石川遼プロが「BJがいなかったら今日こんないいゴルフができなかった…」と答えていましたが、これもそういった一部の非常識ファンに対する遠まわしの「苦言」だと自分は思いました。


そしたらまた先週末またいたんですね。
今度はSANKYOレディスですか…。
たくさんの「恥ずかしい」人にこの宮里プロの「苦言」が届けばいいなと思います。


石川遼や宮里藍を初めとする若いスタープレイヤーの誕生で、ゴルフにあまり縁のなかった人達もトーナメントの会場に足を運んでいるのでしょう。とは言え、あまり縁がないとは言っても、一応観戦している人ってゴルフを全く知らないわけではないわけで…本当に情けない話です。


不景気の中、プロゴルフ界が盛り上がることは大切だと思います。
盛り上がりのバロメーターのひとつが観客動員数だということは事実です。
実際にこの「恥ずかしい」人達のうちの多数が人を育て、躾ける立場の中高年のオッサンオバサンで、注意している方は20代の若者。恥を知って欲しいですね。
アレしちゃダメよ、コレしちゃダメよ…何でも1から教えないとわからないのか一部の大人モドキは…。


こんな状態だと、日本のどこかでオリンピックがもし開催されたら、せっかく公式競技に復活したゴルフの観客が「世界に恥をさらす」ことになります。


こういったゴルフのブログをわざわざ見に来てくれる方々の中にはそんな非常識な人はいないと思います。
っていうか、こんなドローカルな場所で私が叫んでもそんな人々には届きやしない…。
藍ちゃん、よく言ってくれました!
前からスイングのリズムが素晴らしいなぁと思っていたのですが、内面も素晴らしいプロですね。

関連記事

コメント

あ!自分の奥さんもブレンダンが外した時、ミジョンが池に入れたときに家でバンザイして喜んじゃってました(汗)。「どう楽しもうが私の勝手」と言われ、それもそうだと思ってしまいました(笑)。まあ、現場にいたわけではないので勘弁してやって下さい(笑)。

でも難しい問題ですよね。難しくないと怒られるかもしれませんが、実はゴルフのこういう部分が自分を42歳までゴルフさせなかった一因でもあったりします(^^;とてもゴルフでの「マナー」と呼ばれるものについていけそうになくて。でも、ゴルフを始めた途端に「ゴルフでのマナー」に人一倍うるさくなってる自分がいたりして、そういう自分が嫌になることもしばしば(苦笑)。

USツアー(特にマスターズ)では、レイアップしたりアイアンでティーショットを打ったり、ハザードから大きく逃げたりするプレーにブーイングが起こることがありますね。また、優勝アメリカ人と他国の選手が優勝争いをしていたりすると、暴言やミスへの拍手はないにせよ露骨に反応が違ったり。こっちの方がキツイなぁ~なんて思ったりも。

さりげなくマナーを守っている、語れる、教えられる、そういう上級ゴルファーになりたいですね。
また難しい話を書いてしまったようですね
自宅では何でもアリだと思います。私も「おっ!」と思いましたから(笑。ただこれが公式戦のコース内で隠し切れずに出てしまうと言うところに違和感を感じます。ゴルフは特定の相手がいない個人競技で、赤組白組両サイドに分かれて敵対しながら応援するという競技ではありませんから…。

結局そういう一部のギャラリーはマスターズに代表される目の肥え(すぎ)たファンのブーイングとは正反対のまだ目が痩せているにわかファンの人達なんですよね。
相撲の若貴フィーバーみたいなもので、石川遼や宮里藍に飽きたらコースに来なくなるか、ゴルフファンに成長(?)するか…。相撲の方はほとんど成長しなかったようでその後正直に観客が減りましたが…。

トーナメントと違って一般のゴルフのマナーは良くも悪くもファジー(死後ですかね笑)になってきてます。服装も昔ほどうるさくないし、ビジターが入れないゴルフ場も減っています。それ自体はいいことだと思うのですが、そのファジーさがそのまま公式戦の場まで持ち込まれているような気がします。
観客としてもプレイヤーとしても、1度基本を覚えて実践できればあとはちょっとした「気持ち」だけでOK、それがマナーだと私は思うのですが、ウチの職場の若い奴等を見ているとそれさえも難しいことみたいですね…。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。