FC2ブログ
HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>レッスン

体験レッスン 真っ直ぐ立ててない?

やっぱり自分では自分のこと見えてないんだねぇ。


長いクラブほど右に出て右へ曲がるプッシュアウトが多いことを話し、ドライバーのスイングを見てもらうと、1球だけで…

「いくつか右に出やすいポイントがありますね。わかりやすいところから治していきましょう」

まだ1球しか打ってないのに、丸分かりって感じ。今まで一生懸命練習場でやってたことは何だったんだ…。

指摘その①
グリップ。
指の第2関節にグリップのバックラインを乗せて緩めに握る。

このグリップだと、少し力を入れるとヘッドが閉じるように作用します。
それに今まで手のひらで握っていたグリップと違って、「つまむ」イメージが少し入る。
最近心がけていたショートサム(親指を短めに使う)グリップもやりやすい。

すぐに極端に変える必要はないと言われたけど、基本動作として心がけたいところ。
何球か打ってみると、確かにインパクトで一番力が入っている(ような気がする)。
ヘッドを返す意識も持たなくていいし、継続して習っていきたいところです。



指摘その②
アドレス。
足はスクエア、でも肩は開いている(左を向いている)。


インストラクターさんの言うとおり肩を右に向ける(それでスクエアなんだけど)と、何だかボールが左にありすぎるように見えて気持ち悪い。

「とりあえずそれで何も考えずに打ってみて」と言われ、ドライバーを1発。


!!バッシーン!!


ジャストミートのハイドローで250Yの壁の上段にヒット。
隣でレッスンを受けてたオッチャンが「すごい球打つなぁ」とつぶやくくらいの当たり。
スランプに陥ってからあまり見たことない、思わず…何か魔法かけました?と問いかけるようなショットが出た。


インストラクターさんに言わせれば長いクラブになればなるほどボールは左足側に置くけど、そのボールに正対してアドレスするから肩が開く。
すると振り遅れしやすい、フェースが開いてインパクトしやすい形になってしまうそうだ。
要は出るべくして右へ右へ打っていたということ。


肩の開きを抑えたら出球が右に出ないと分かると、思いっきり振り切れるようになって飛距離も上がってきた。
肩をスクエアにキープしながら、足を微調整すればフェードもドローも打てました。


こんな単純なことで、右の林を怖がっていたとは…。
自分は練習場でドライバーの練習ってあまりやらない方(200球練習したら10球くらい)だけど、これなら、ちょっと打ち込んじゃおうかなぁと有頂天になるほど変わりました。


でもアドレスはまだ完全に自分のものにはできているわけではなく、まだプッシュアウトも出るし、構えが極端になるとフックも出る。
それに、ミドルアイアンやフェアウェイウッドではダフリが出やすくなってしまった。
前より球が左に感じるためだ。
球をもう少し右にセットすべきなのか、このまま行くべきなのか、ちゃんと入会したら初回のレッスンで相談しよう。
どうせ習うなら染まらないとね。


体験入学を終え、来週からはスクール生。
しばらくはストイックに綺麗なスイングを目指したいと思います。
関連記事

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。