FC2ブログ
HOME>ゴルフギア

自分仕様の2本のドライバー

火曜日復活練習、水曜日久々のレッスン、木・金の連続日帰り大阪勤務で疲れ気味の私。
今日は動く気がしません。


その気を察したのか、若が15時ごろから爆睡中。
起こそうとしてもピクリともしません。


ゆっくりする時間が出来たので、周りのブロガーさんを真似て、プラグインの部分にセッティングを書いてみた。
HPを運営していた経験もあるのでタグはわかるのですが、結構時間かかりました。
格好よくまとめているブロガーさんを良く見ますが、結構手間がかかってるんですね。

2本のサスクワッチセッティングを書き出す作業をしていて思い出したのが、この2本のドライバー。
どっちもエースでどっちもエースじゃない。
体調やコースによって使い分けています。
ヘッドは同じでもシャフトが違うと豹変するとは正にこの2本のことを言うんだろうなぁと思います。

前に使っていたドライバー(スリクソンW404)の手元調子のシャフトが合わず、460ccのスイートスポットの広さに魅力を感じ、最初に検討しはじめたのはTMのバーナー(’07)。
打感はすごく好き、スイートスポットも「これ反則じゃないの?」と思うくらい広く感じたのですがフックフェイスが嫌いな私にはOUT。
フックフェイスじゃないバーナーTPは当時5万円以上の値段がついていて、マークダウンまで待てないのでこれもOUT

で、ストレートフェイスながらアベレージお断りでもなく、当時値下がりしていたSQに決定。(こんな私は貧乏性)
最初に買ったのは純正SQ-Diamanaシャフト(07年3月)。
買う前から「柔らかい」という評判は聞いていましたが、どちらかというと柔らかめのシャフトの方が好きな私には丁度いいだろうと購入。

初めての460ccドライバーでしたが、確かに軽くて(308g)柔らかくてラク。ただ、その当時の私のアイアン(スリクソンI505)はダイナミックゴールドS200を装着していたため、重量フローがいくら何でも急でした。(5i 433g DR 308g)

それに、柔らかめのこのシャフト、体が温まってきてH/Sが上がってくると、球が吹き上がりながら左へ行こうとする…最初から承知の上だったのですがちょっとロースペックでした。

そこで…じゃあ同じヘッドでシャフトを重く硬くすればいいと単純に考えて、当時マークダウンでバーゲンになっていた同じヘッドのTourAD N65仕様を試打もせず通販で購入(07年8月)。
打った1打目の感想、「何これ?全然しならない??」

柔らかくて長めのシャフトに慣れた私、おそらく手打ちのクセがついていたのでしょう。
H/Sから行くとこちらが適正のはずなのに、全くしなりを使えず球はほとんど低く右へ…。

しばらくがんばって使用していましたが、必死にシバキ上げる覚悟で振って当たるとホレボレする球が出る反面、少しでも緩むとクラブに門前払いをくらうかのように球は右へ…。当たり外れのとても激しいドライバーでした。

さすがにこれでは疲れるので、窮余の策としてグリップを軽量化してバランスを上げればしなりが出せるだろうと考え、イオミック スティッキーライト(実測43g)を装着。これでバランスはD3くらいにはなったはず。この改造で思惑通り少しくらい緩んでもしなってくれるようになりました。

一発の飛び、球の高さは今でもSQ-Diamanaが上。それにダマしが利く、というかラクなのも純正の方。ただシャフトの柔らかさから来る左右のブレも大きいです。
純正シャフト仕様のグリップは手首をこねないようゴルフプライドDDMを下巻きテープ2重に巻いて、装着時になるべく伸ばさず太めに入れ、TourAD仕様と正反対の方向性重視仕様にしています。それでも私の腕のせいでちょっと暴れ気味ですが…。

レッスン前まではダマしが利く純正仕様をラウンドに持っていくことが多かったのですが、スイング改造が進むにつれて、効率のいいスイングができ始めたのでしょうか、だんだんTourAD仕様に自分のスイングが合ってきていることを感じます。

今使用しているアイアンは5iが422g、ツアーAD仕様のドライバーが320gなので差が約100g。
たぶん重量フローから見れば、ツアーAD仕様をもっと振るべきなんでしょうね。

次々とモデルチェンジされるクラブを見ると欲しくなることもありますが、グリップ1つでクラブの性格が変わることもあります。せっかく買ったら自分仕様にして使いこなしたいですね。
「ここをこうすれば良くなるんじゃないかな?」と自分で考えた改造がバッチリ当たると嬉しいです。これもゴルフの楽しみのひとつかな。

関連記事

コメント

こういう話を聞くと、クラブ選びも大変だよな~って思いますね^^;
親方もクラブのことをいろいろ語ってまして、一応聞いてますが笑
(それで多少は知ってる部分もあります)
道具への拘りって男性はつきませんね!
シャフトの重さや硬さが特に重要なんですね☆

女性用は基本何でもLで済んじゃうので・・
もっと上手になってクラブうんちくも語れるようになりたい笑

最近さらにさらにゴルフへの興味が湧いてきて楽しくて仕方ないのに
冬になっていくのがホントに残念です (≧∇≦)
寒いのが大嫌いで毎年行動力が落ちてしまいます^^;
それを今年はついに乗り越えるか?!
自分でも分かりません( ̄□||||!!
2本とも見た目も綺麗で欲しくなっちゃいました(笑)。特に左側。しかし詳しくて考えられてて楽しそうで、さすがです。自分も100を大幅に超えるスコアだった時代から道具を勉強してこだわってきました。これもゴルフの楽しい部分です。技術や身体の進歩進化も大切ながら道具も大事ですもんね。ゴルフは「練習」「レッスン」「交流・親交」「道具」「観戦・研究」とこれだけ楽しめる要素がありますから!今回は勉強になりました。重量フローという言葉も。自分も気にしていた部分ですが何故か最近はドライバーだけレディスクラブですし(笑)。金銭的にウッドのシャフトまでは勉強がまだ不十分ですが、将来はそこにも踏み込みたいです。SW、AWの2本とDGへリシャフトした時に当時新発売だった先調子のハイローンチS300にしたせいか、結構飛んじゃうクラブになってる?と最近考えることがあります。普通のDGに変更するか長さを少し短くするか。この2本は最近では短く持って打つのが定番になっているので、それでいいかなぁ。
むずかしい~
え~ドラ1本でもシャフトやヘッド形状等で全然違うんですね。
勉強になります。
まだ頂き物のドラを使ってますので購入時には相談させてください。
あと、リンクさせてもらっていいですか~
ヨロシクです^^
冬はバイオギア・ヒートテックで乗り切りましょう
カバネさん
こだわり始めたらキリがない、これが大変だとまだいいけど、楽しいから困るんです(笑。
ひとつ言えるのは古いヘッドでなければ「ヘッドよりシャフト」ですね。
自分はお金をたくさん使って道具にこだわる…というよりはマークダウン直前とかで効率よく新品を手に入れます。そして、気に入らないところをグリップを変えたり、鉛を貼ったり、ウェッジをちょっと削ってみたり…って感じです。リシャフトは今のところギャンブル性が高いかなと…まだしたことがありません。工房があればもっとハマッちゃいそうですが(笑。
自分がイジったところが狙った方向に決まると、バーディーを取るより嬉しかったり(ちょっとオタク入ってます)、こだわりすぎるといくら時間があっても足りないのでボチボチと…。
カバネさんも少しH/Sが上がってきたらA(男性シニアシャフト)や男性のRが視界に入ってくるよ。そうなれば道具こだわり仲間です(笑。

自分はクソ暑くて汗だくの夏の練習より冬の練習の方が好きです、(ラウンドは夏の方がマシかな)今年のカバネさんなら、冬も勢いとレッスンで乗り切れそうな気がするけど?
機能下着も良くなって来ているので、練習に行く腰さえ上がれば大丈夫じゃない?(それが問題か)。もし自分が近くに住んでたら、家の前に車を横付けしてでも練習に連れて行くけど(笑。
こういうい話に反応してくれると嬉しい^^
はるるさん
左側がお好みですか、純正コースですね。
昨年の夏に初めて自分でグリップ交換をしました。アイアンがスリクソンだったのでDDMの黒赤のカラーリングで決めていたのですが、このDRに黒赤じゃ合わないよねとDRだけ黒黄にしたらDRだけ「阪神タイガース仕様」になっちゃった…。
3年半前にゴルフに復帰する時に、クラブを総入れ替えする必要があったので、かなり本を読んで研究しました。重量フローやシャフトの調子なんかはその頃仕入れた知識です。
ナイキは毎年モデルチェンジをするので現行モデルの価格がすぐに暴落するという自爆系のメーカー(笑)ですが、だから同じヘッドで違うシャフトが廉価で買えたのです。ナイキに限らず、メーカー純正シャフトのフレックスほどアテにならないものってないですね。純正のSはカスタムシャフトのRより柔らかいという話は珍しくないですから…。
はるるさんのセッティングを見て前から思ってました。「ウェッジにHL」ってあるんですね。先調子で高さを出すってのもアリなんだなぁと思ってました。自分のウェッジはDG-S400なので正反対の性格のシャフトです。
今日の記事のような話は、道具と言えば大枚はたいて買いっぱなしで研究も調整もしない私のゴルフ仲間には通用しないので、反応してもらえて嬉しいです。ブログ書いててよかった(笑。
グリップだけでも変わりますよ
バンバンさん
DRに限らずですが、ヘッドよりシャフトでクラブの性格って変わりますよ。
ウチの例で行くと純正仕様は少しくらいヘンなことを言っても受け入れてくれるけど、TourAD仕様は少しくだらないことを言うとビンタが飛んできます。そんな感じ(笑。
カスタムシャフト入りドライバーを試打もせず現物も見ず通販で買った私が言うのも何ですが(笑、購入時はやはり試打でしょうね。それも100球くらい練習して体を温めてから試打。試打は多くても1モデル5球打てばいいと思います。それ以上打ったら体がそのクラブに合わせていくので、そのクラブがいいのかどうかわかりません。
結局何を買っても、買った後「ここがどうだ」「あれがどうだ」と自分の腕をそっちのけで道具のせいにしたくなるのが一般ゴルファー(losi含む)だと思います(笑。

リンク了解です。ありがとうございます。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】