FC2ブログ
HOME>レッスン

レッスン18 ドライバー・7i

あと3回となってしまった私のレッスン。
腰のケガから復帰後、7iのクウォーターショットを中心にいろいろと思い出してきました。
ケガをする前よりいい状態にあると自分では思います。


前回の記事以降、1度レンジに行きましたが、エースドライバーをTourAD仕様に戻しました。
効率のいいスイングが多少身についてきたのでしょうか、アイアンでのスイング改造がドライバーにもいい影響を及ぼしているようで、こちらの方が手応えありです。
シッペ返しは相変わらず強烈ですが…。

今日の課題①
ハーフショットで綺麗に手が伸びているがフルショットではまだ小さいフォローの修正(7i)。

「まだフォローが小さいですね。左脇もちょっと甘い」
「ハーフショットでヘッドを体の遠くへ持っていったら、左肘をたたむんです。」

メディシンボールを使いました。
バスケ部時代以来です。懐かしい(笑。
インストラクターさんに横に立ってもらって、両手を伸ばしボールを投げます。
投げ終わった段階では腕が伸びている。腰はインストラクターさんの方を向いている。
ここで止めたらハーフショット。
その後腕を上げていきながら、左肘をたたむフォローの形を作ってもらいました。
今までの私のフィニッシュよりも、左肘が低くコンパクトに感じられるのですが、実際は大きなフォローからの流れで左肘をたたむことが重要…とのこと。
これはすぐにはできません。
フィニッシュの形だけを意識すると余計にフォローで手が伸びず、小さなフィニッシュになります。
大きなフォローの流れの中でその形にキマるよう、何回かレンジへ行って自分でやってみて自分のものにしなければ…。

このあたりはもう2ヶ月ほど前から取り組んでいるテーマそのもの。
「フルショットでフォローを左へ引っ掻かない、フォローを小さく終わらせない」
少しずつ良くなっていますがまだまだフォローが小さかったようです。
やろうとしていることは同じですが、毎回いろいろなドリルを用意してもらっています。
たぶんこれからもずーっと意識していないといけないことなのでしょう。
これだけ言われて治ってない訳だし(笑。


課題②
ドライバーのアドレス修正

7iのフォロー修正後、打ち込みが少し落ち着いたところで、今日は結構ヘッドを走らせる打ち方ができているなと自分で感じたので、4Uを経由してドライバーを手にしてみた。

今日はTourAD仕様をメインに振りますが、歯が立たない印象はあまりありません。
むしろ純正に戻す気がなくなるほどいい当たりを連発できています。
ただし方向性にはまだ難ありで、体重移動や肩の入りが少しでも甘いと右へ…。
TourAD仕様のドライバー、このあたりの気難しい性格は今までどおりだ(笑。

そうこうしているうちに、インストラクターさんが回って来た…。
「見られてる」ことを実感しながら渾身の一撃一閃!  …は右のネットへ…。

「アドレスのハンドファーストがキツいですね。高くティーアップするので少しハンドレイト気味で丁度いいですよ」
「アドレスの段階から左脇をもっと締めてアドレスした方がいいです。捕まりが変わるので」
「そのまま他のことは考えないで打ってみて」


そう言われてみれば…7iと大して変わらないハンドファーストでアドレスしていた私。
少しハンドレイト気味にしただけで、何となくアッパー軌道で球が左へ行きそうな気がします。

言われたとおり、他のことを気にしないで振ってみた。

バッシィィィィン!
え? 何これ?

ドライバーに関しては、今まで自分のことをボールが低く飛び出して、スピンで高さをキープするローボールヒッターだと思っていましたが、何球か打った球はあきらかにスピン量の少ない棒球。真っ直ぐ飛び出した球は高く上がり、落ち際にほんの少し右に切れながら250Yの看板をキャリーで超えていきます。

捕まえるフェードってもしかしたらこういう弾道なのか…。
言葉にするのは難しいけど、インテンショナルフックを打つのとも違うこの「捕まえる」感覚。

今までも練習場やコースで満足の行く当たりはありました。
ただ、今回覚えたこの弾道は今まで自分が打ってきたナイスショットとはまた違いました。
ボールの初速がいつもより速く感じ、高く上がってなかなか落ちてこない球です。

アドレス以外何も変えていませんが、また目から鱗…。


どちらも自分でレンジへ行って習慣になるまでじっくりやっておきたい課題でした。
そういえば、最近自分のヘッドスピードが上がっているように思います。ドライバーで打ち出すボールが速くなりました。アイアンの弾道は変わっていないけど、最終到達点が高く、飛距離も少し伸びたような気がします。

以前。はるるさんにコメントで効率のいいスイングを覚えたらスリークウォーターショットでフルスイングの飛距離が出ると聞いていましたが、その通り以前の飛距離が出ます。そこからさらにフィニッシュをキメるつもりで振ると、弾道が少し上がり、距離が以前より伸びています。

いろいろとあれこれバタバタしてる割には成長を実感できる日って少ないんですが(笑)、ちょっとは成長してるんですね。

関連記事

コメント

いいですね~
ドラちゃん最高~~ですか~。。。
おいちゃんの場合、続けて同じような感覚にならないので
苦労してますが、、、、いいですね~うらやまし~
おいちゃんは パシュゥゥゥ・・・!ですね。。あはは。
いいうちに打ち込んでおきます
確かに確率は上がりました。
でも…一晩明けたらリセットされている可能性も高いので、何でいい当たりが出るのか自覚しておかないとその日限りの夢になります(笑。
アイアンとのバランスを考えて、重く硬い方のドライバーを振ってますが、まだ手懐けるまで行かないですね。
また時間かかりそう(笑。
参考になりました。
メディシンボールって、中に砂が入ってるように重くなってるアレでしょうか?だったとしたら同じドリルよくやりました。たしかに目的が同じでもドリルは何種類もありますし、言葉で説明したり例えを挙げるにも種類があって、どれが自分にはまるかも重要だと自分も思います。またタイミングとかもあるんだと思います。数ヶ月経って「アノ時言われたアレがやっと理解できた」なんてこともザラです(笑)。左脇を締めてアドレスっての、さっき自宅でやってみましたがハンドファースト防止に凄く良さそうなので早速自分も使わせて頂きます。最後にクォーター(4分の1)ショットと書かれていますが、正しくはスリークォーター(4分の3)ショットでしょうか?しかしlosiさんにはこのまま100を数えるくらいまでレッスン続けて欲しいです(笑)。忙しくなられるので無理でしょうけど、こうして記事を読む度に自分もレッスンを受けてるような気がして得した気分になるので(笑)。
バスケ部でイヤほど使ったボールをまた使うとは…
はるるさん
メディシンボールはその通り、重いボールです。
バスケ部時代にあれでイヤほどパスの練習をさせられた記憶があるので「こんなところで再会か」って感じです…。
ゴルフレッスン使用するのは2度目ですが、レッスンの時間内だけでは、あのボールを投げる動作が頭の中でクラブ操作とリンクしません…。きっと何回もイメージして練習してみてやっと気付くんでしょうね。
ドライバーのアドレス修正は、「こんなことだったの?だったら早く教えてよ」って感じ(笑。確かに捕まりが良くなります。ただ、バックスイングのタイミングの取り方、腕と肩の位置関係に悪影響が出なければいいですね。自分は最初何となくそこに違和感を感じたので。
クウォーターショットのご指摘はその通りです…。クウォーターでフルショットの飛距離が出たら、プロになれますよね(笑。失礼しました…。
英語必須の職場でありながらこんなことに…。編集しておきます。
忙しくなったら、私もここを見直して復習擬似レッスンをしようと思ってます(笑。そのために長々と書いているようなものなので…。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】