FC2ブログ
HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>レッスン

レッスン2 インテンショナルフック

今までの最大の懸案事項が長いクラブになればなるほど出てくるプッシュアウト。


右方向へ出た球がさらにスライスして右に行く…。
コースで出たらボールを探しに行く気力を失うくらいの大OBになる大ファールショットです。


スライス=アウトサイドイン と解釈していた時期もあったのですが、プッシュアウトスライスはインサイドアウト。
さらにフェイスが開いたままのためさらにスライスになるという理屈。


その私にインストラクターさんは球の捕まえ方を教えたかったようです。
そこでフック打ちのレッスンとなりました。

理屈はわかってるんですけどね。
フェイスを目標にあわせて、右へスタンスして右へ振る。


体重移動や腰の切り方もドロー系になると違ってきますが、自分の場合まずはフェースを閉じて球を捕まえる(こすらない)ためのインテンショナルフックドリル。


レッスンを受ける前は肩が開いたアドレスになっていた自分。
今はスクエアに構えても肩が右を向いていると感じるくらいなので、さらに右を向いて構えることに最初は違和感を感じました。


レッスン内では最初、打ちやすいPWあたりから始めました。


スタンス=肩・腰のライン 右向き
フェイス=目標向き


出球は右方向ですが真ん中に帰ってくる球が出ます。
この辺はよく練習場でも遊びでやっていたのでわかってるつもりだったけど、ここで主に練習したのは球を置く位置での出球の方向の違い。


左足側に置けば左へ出て行く、真ん中辺から出て行って左へ曲がる引っ掛けショットっぽいショットに。
右足側に置けば右へ出て、右方向に出てあまり左へ返ってこないショットに。


ドローで攻める術を会得したら、右が怖い、左が怖いホールでも使えそう。


今の自分?


思いっきり右へ向いてフックが出るスイングをしているつもりで、真っ直ぐストレートの(一般的な意味では)ナイスショットがよく出ますが…。


球を捕まえるという感覚が出てきているので、平均飛距離も伸びてますね。
スコーンと右へ一直線の球は明らかに減りました。
練習場のゴム球なので参考だけど、やっぱドローは飛ぶなぁ。


7iくらいまでは違和感無く行けています。
というか短いクラブより7iくらいの方がやりやすい。
長いクラブのほうが、インテンショナルショットになりやすいことと、短いクラブではインパクトの瞬間に体が少し起きてるようです。


矯正法としてクラブを左手で持って前に立てて、右手でその内側のボールを打つというドリルも教わりました。


レッスン終了直前に、バックスイングで左側からクラブヘッドが見えていることに気づいた。
いつの間にかオーバースイングになっているようです。


インストラクターさんに「これダメですよね?」って聞いたら、
「確かにシャフトはクロスしてるよ」だって…こっち矯正する方が大切じゃない??
インストラクターさんはまずドロー打ちの基本を習得させてからスイングをチェックしたいみたい。
まぁ今は言うとおりしてましょう。


レッスン後の自主練で、オーバースイングをチェック。
意識してバックスイングを小さくするとインパクトや体重移動が安定しません。
「よっこらしょっ」とクラブを担いでリズムを作っていたようです。
個性として残してもいいのかもしれませんが、そう思うのはもっと歳をとってからでいい。
これからこの部分もチェックだな。


いつまでも時間があるわけじゃないので、がんばらなきゃ…。

関連記事

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。